SSDの特性について

基本メディアファイルの類をSSDに保存するメリットはあまりない。今回、東京に行くのはSSDをデータベースドライブとして利用する場合のメリットとデメリット、及び検証から見えてくる特性についての講演。ディスクトップPCのHDDをSSDに変更しようかなと検討したけど、あんまりメリットがないな。音楽制作とかもするから、現在HDDは1TBほど使用してる。ただ、SSDは、「128GBだと256GBの方がコスパ良好で、だけど資金が…….」の無限サイクル。SSD倍増して空いた分何も考えずに入れてってるはずなのに7Gほど使用容量減ってる。クリスタを1.5.1にバージョンアップしたくらいしか思い当たるフシがない。SSD追加&USBメモリ買い替えの予定は無いから、仮想と持ち運びOSの起動の速さを読み込み量の削減という形で実現すべく軽量Linuxについてググッていたら、GUIなのに起動時にメモリ使用量60MBとかけっこうあってワロタ。CUIに至っては9MBとか。

余ったSSD無いのが残念だが、仮想PCのストレージにSSDを使用すると、仮想環境である事を忘れるレベルで快適っぽい。長期保存はHDDがいいと思う(勝手な憶測)
基盤は使ってなくても劣化するから、使用頻度が高いものであればSSDでもいいと思う。MAC用のドライバーを買いに行く、手持ちのSSDに換装してtraktor使用時のベンチマーク取ってみるかな。PS2ポートが無い&2.5″版750しか超高速SSDは使用不可能。Windows7の人は結構インストールなどはハードな感じだな。売る方のスキル重要だな。

SSD増設するにも電源強化が必要

近所だとSSD売ってなかったから、家にあったスペアのHDDを一個PCに追加した。どこで入手したHDDか全くわからない。やっぱSSD追加しようかな。ゲーム用なら起動とゲーム用で240と480のSSD追加したい。CPUのアップグレード&メモリの追加&ファンの交換&SSDへの換装。で五年前に買ったノートPCがほとんど購入当初の動作環境に戻った。2万円のメンテナンスであと5年は普通に使えるパソコンになったと思う。Windows7からWindows10にアップグレードしてプロダクトキーをゲットして、気が向いたら追加でSSD買ってきてWindows10を新規インストールという流れかな。気になるのはずっと無償で使えるかというところだけどそれはないと思うので7の環境に戻せるようにはしておく。

SSDなんてあとで追加すればいいしMSIのZ97s買おう。かっこいいしSLIしたい。メモリ増量・CPU強化・SSD追加・HDD500GB 7200RPM・ワイヤレステレビデジタルとガンガン追加しまくって27万円とかいう構成になったっけ(今だとそんな変態スペック無い)3万円で買ったパソコンがいとおしい。追加でOS(キャンペーン価格)が8千円ぐらい、SSD(256GB)が1万2千円ぐらい、メモリ(4+8GB)が8千円ぐらいかかったので、実は5万8千円だけど。とても気に入っている。 先週ゲーム用にSSD増設しようとしたらSATA用電源足りなかったから、ATAから変換するやつ買ってかないとな。あとパラレルポートも追加しよう。